第25回全日本DM大賞 銅賞 受賞!

OCA
 全日本DM大賞は、郵便事業株式会社が主催し、DMの企画・表現技術の向上および広告メディアとしての役割・効果の紹介を図るとともに、DMの広告主、制作者にスポットを当てることで、DMというメディアが広く認知され、多くの方に親しまれる存在となることを目的として設けられています。
 全国から658点の応募があり、DMの「戦略性」「クリエイティブ」「実施効果」が審査され、この度、弊社はOCAJapan社様の「歯列矯正カウンセリング申し込み促進DM」をお手伝いさせて頂く中で、第25回(平成22年度)DM大賞 銅賞を受賞いたしました。




受賞作品についての審査委員の評
 歯列矯正クリニックのエージェントであるOCAJapan社は、矯正治療患者をクリニックに紹介している。DM送付前にユーザーアンケートを実施し、顧客増を明確化。ターゲットは「小学生のお子さま持ち、勉強や部活に集中させるためにはお金を惜しまない教育熱心な保護者」と判明した。お子さまの年齢によって3種のDMを用意し、子供手当の支給が決定した春休みに送付。支給される6月までじっくり検討して頂くことを狙った。「子ども手当を充当すると、実質の家計の負担はいくら?」というタイムリーなコピーも効を奏した。

このように、弊社のDMづくりの特徴である以下のことが全国レベルで評価されました。
(1)「ターゲット」を定めてターゲットに「何を伝えて」、
   「どうして欲しいか」を明確にするDMの制作
(2)解りやすい言葉で、受け手が親しみやすいDMの制作
(3)お客様の「共感」や「共鳴」を重視するDMの制作」